アコム2014過払い金

三菱東京UFJフィナンシャルグループの連結子会社にあたる、消費者金融大手のアコム。

 

2014年現在のところ、連結解消など不安要素もないですし、プロミスのように子会社化、上場廃止などの動きも見られないです。資金面でも業績回復も顕著であり、問題ないと見られていますので、過払い金の交渉がしやすい消費者金融業者の1つと言えそうです。

 

また、CMに永作博美さんはじめ、イメージ戦略を取っているところもあるので、過払い金問題など負の要素、マイナスイメージになるものは早期解決にしようという風潮があります。

 

よって、以前までは訴訟手続などで事件の長期化も予測された過払い金返還請求についても、任意の和解交渉を通じて、早期解決を図る事も夢ではありません。また、回収金も8割以上といった実績も多くありますので、個人請求(自分で請求をする事)でも十分対応できる業者かも知れませんね。

 

代理人請求には費用は付き物

なにせ、代理人に頼むだけでも、返還額の20%前後の成功報酬や基本報酬を支払しなければならないなど負担も大きいのが代理人を使う際のデメリットです。アコムだけで他に債権がなければ過払い金の引き直し計算だけ代行してもらい、アコムとの返還交渉はご自身でされる方法でも十分ではないかと思われます。

 

もし、その他の債権者が複数社あり、事件の長期化が予想される場合、もしくは交渉が苦手、面倒な事は代理人を任せたいという場合は、時間を無駄にしないためにも法律(法務)事務所選びから始めるのが良いかと思われます。

 

その際、当サイトの過払い金請求 法律(法務)事務所 ランキング トップページを参考にして頂けると良いかと思います。オススメの事務所だけでなく、事務所選びのポイントなどもまとめていますので、理解頂けるかと思います。

 

アコム2014過払い金 トップへ戻る