過払い金取り戻し 着手金不要

過払い金を取り戻したい際に、着手金をかけないで手続きを進める事って大事な事です。

 

しかし、そもそも着手金って何?なんで報酬とは別で着手するだけで支払いを請求されるのかがよくわからない。という疑問や不満もあるかと思いますので、調べてみますと、以下のように書かれていました。

 

着手金とは、事件の成功、不成功に関わらず、事務所(弁護士や司法書士)に事件を担当してもらうために支払いする費用で、報酬とは別になりますが、ある意味報酬の一部を前払いしているようなものです。

 

離婚問題では30万円前後、刑事事件だと40万円前後、民事事件では訴訟額に応じて違いがありますが、債務整理については債務者救済の意味合いが強いため、3万円前後が相場ですが、着手金を不要とする事務所も多くあります。

 

 

しかし、着手金を取らない代わりに報酬に上乗せしたり、法外な請求をするんでしょ??


 

と思われるかもしれませんが、その点はご安心下さい。弁護士や司法書士の報酬には、以前ブラックな報酬を請求する方がいた事で、過払い金返還請求を使ったビジネス色が色濃かったのですが、これを弁護士会や司法書士会が問題視した事で、報酬規定で上限額が決められています。

 

よって、今では法外な請求をされる事もありませんので、その点は安心して頂ければと思います。

 

では、過払い金の取り戻しはどうすれば良いのか?という点については、過払い金 法律(法務)事務所 ランキングが参考になるかと思いますので、こちらもご覧頂けると良いかと思います。