過払い金請求 クレジット キャッシング

過払い金請求 クレジット

信販会社のカードには過払い金が発生しているのでしょうか??

 

結論としては、「キャッシング機能をグレーゾーン金利で利用していた場合には、過払い金が発生している事が考えられます。」となります。

 

クレジットカードには、ショッピング機能とキャッシング機能の両方が付いてくるのがほとんどで、ショッピング機能を利用される方が多いかと思いますし、一度もキャッシングを使った事がないという方がほとんどかも知れません。

 

しかし、最初にカードと一緒に約款が届く際、毎月の明細書などを確認すると、キャッシングの限度額の案内などが記載されていますので、一度確認してみましょう。

 

 

その中で、だいぶ以前よりキャッシングの利用をされている場合は、おそらく過払い金が発生しているものと思われますので、もし気になる場合は、弁護士や司法書士へ相談されてみると良いかと思われます。

 

いずれにしても、クレジットカードでも、ショッピングには過払い金が発生しない事だけ、ここでは押さえておいて下さいね。


過払い金請求 クレジット デメリット

過払い金請求自体はブラック情報でもないのですが、請求手続き中は、弁護士介入や司法書士介入などの異動情報が報告される事になりますので、そのようなデメリットがある事をまずは理解しておきましょう。

 

最終的には、手続きが完了し過払金の返還があった際には、貸金業者は信用情報の報告を「正常に取引を終了した旨の報告」へと変えます。

 

また、過払金の返還についてですが、もしクレジットカードでショッピングをしていて、残金が残っている場合などは、その債権との相殺が行われ、残った分が過払い金として返還されます。

 

思ったより返還額が少なかった・・・という場合は、上記のことが考えられるかも知れませんね。

過払い金請求 クレジット ブラックリスト

上記の最後とにまとめですが、過払い金請求を行う際にクレジットカードが使えなくなる可能性について触れましたが、これは信販会社が信用情報を取得した際や更新した際に、異動情報(=ブラック情報)を確認すると、利用停止にする可能性があります。

 

よって、ブラック情報があると、クレジットカードの利用には不利であると思われます。

 

もちろん、過払い金請求が終了すれば、異動情報の報告は、正常な報告として訂正されるのですが、これで審査にどう影響が出るかはやってみないとわかりません。

 

あと、ブラックリストではないですが、同居の家族や住所登録が同じ家族が異動情報の報告がされているケースでは、クレジットカードの発行が厳しくなる可能性があります。

 

これは、CICと呼ばれる信用情報機関には、「類似情報」と呼ばれる情報があり、その中で異動情報を確認できるようになっているようで、それらが影響していると推測されるのです。

 

過払い金請求自体は異動情報の対象ではないですが、手続き途中でそのようなデメリットが生じる可能性がある事は、理解しておきましょう。

 

過払い金請求 クレジット トップへ戻る