過払い金請求 信用情報

過払い金の返還請求をまだしていない方は、時効が10年以内となっていますので、まだの方は早めに請求される方が良いでしょう。しかしあれだけCMしていても、過払い金の事を知っていても請求しないのには理由があると思うのですが、一番大きな理由は「過払い金請求をすると、信用情報に事故情報が掲載されるのでは?」という懸念を持っているからではないでしょうか?

 

結論から言いますと、もしその気持が少しでもあり手続きに躊躇されているとすれば、それは杞憂に終わります。信用情報に事故情報の登録はされませんし、完済情報としてきちんと返済が終了したという内容で登録される事となります。よって、信用情報におけるリスクは皆無に等しいと言えますので、まずは安心ではないでしょうか??

 

ただし、業者の中には過払い金の手続きが完了した後に、報告を怠る事もありますので、きちんと最後にはどのような情報で信用情報が報告されているかは確認しておいた方が良いかも知れません。

 

信用情報の事がわかった上で、まだ手続きに躊躇されている人がいるとすれば、可能性としては、「自分は過払い金が発生していない」という思い込みをされている」、もしくは「手続きが面倒くさい」というような心情的な部分かも知れません。

 

まず、自分が過払い金が発生しているかどうか、自己判断するのは勿体無いです。もし過払い金が発生しなくても、利息制限法を超える取引を一度でもあれば、その分は払い過ぎた利息として借金自体の減額ができる可能性がありますので、無駄には終わりませんので、調べるだけ調べた方が良いでしょう。

 

面倒な事は自分で行わない

そしてもう一つ「手続きが面倒」という方も同じく勿体無いのですが、借金がなくなりその上で払い過ぎた利息が現金で戻ってくる上、その返還金には税金もかからない、これはボーナスよりも大きなお金といっても過言ではないのですが、それを取り戻さないのは損していると言っても良いのではないでしょうか?

 

もし、自分で手続きするのが面倒だ・・・という事で行動できないのであれば、弁護士や司法書士といった代理人を立てて手続きを進める方法を取られると良いかと思います。弁護士や司法書士であれば、借金問題に強い方であれば、実績も知識も十分な方が多いですし、何よりあなたの面倒をかける事が無いのが一番のメリットかと思われます。

 

上記の通り、信用情報に事故情報は登録されず、ほぼノーリスクで手続きを進める事ができる過払い金請求は、あなたにメリットを多くもたらしますのでぜひ積極的に検討頂ければと思います。当サイトでも情報提供はあらゆる角度から行っていますので、こちらも参考になれば幸いです。

 

過払い金請求 信用情報 トップへ戻る