過払い金請求ナビ

過払い金や借金返済相談でホットラインは様々ありますが、中でも有名なホットラインと言えば「日本クレジットカウンセリング協会」の多重債務ほっとラインかと思います。

 

特徴として、クレジットカードや消費者ローンで苦しむ債務者向けに専任のカウンセラーが無料で相談を実施してくれます。

 

もちろん守秘義務厳守なので、誰にも漏れることなく、バレる事なく相談できますし、カウンセラーは弁護士会推薦、経済産業大臣が指定する団体の認定試験を通過するなど、スペシャリスト、アドバイザーにふさわしい能力を有した人です。

 

相談内容は多岐に渡り、家計の収支見直し、返済計画の作成、債権者との交渉や生活の立て直し、心のケアまで行えます

 

電話だと、近くのほっとラインまで連絡を入れましょう。

  • ナビダイヤル代表 0570-031640
  • 東京センター 03-3226-0121
  • 仙台センター 022-217-4014
  • 新潟センター 025-248-3311
  • 静岡センター 054-275-5511
  • 名古屋センター 052-957-1211
  • 広島センター 082-511-8001
  • 福岡センター 092-739-8104
  • 福島相談室 0570-001315(ナビダイヤル)
  • 金沢相談室 0570-045511(ナビダイヤル)
  • 浜松相談室 054-275-5511
  • 高松相談室 0570-051145(ナビダイヤル)
  • 熊本相談室 0570-090304(ナビダイヤル)
  • 沖縄相談室 0570-012101(ナビダイヤル)

 

相談受付時間 毎週月曜〜金曜(12月28日〜1月4日、祝日等を除く)、10:00〜12:40/14:00〜16:40

 

相談室は、電話で来訪予約が可能です。

 

上記の連絡先には、あなたの悩みを解決できる可能性の種が眠っています。まずは具体的な行動として電話相談からはじめてみてはかがでしょうか?

 

※ただし、一つだけ注意点として電話料金がかかりますので、その点は注意しましょう。

 

カウンセリングの必要性について

よく、相談やカウンセリングという言葉を耳にしますが、借金についても同じように必要な事なのでしょうか?

 

例えば、精神疾患患者のように鬱症状であれば、カウンセリングの効果が高いと思うのですが、借金というと、家計管理を行うだけで不要では?と思うのですが、実は借金という「癖」を治すのに有効な手段が、カウンセリングの本質なのです。

 

多重債務や債務整理を行うような状態に至る方の多くは、心に借金癖がついてしまっていて、借金への抵抗感が薄れていたり、感覚が麻痺している可能性が高いです。

 

そんな時にカウンセリングを通じて、二度と借金を繰り返さないように、必要な借金と不要な浪費を見分ける事ができるようなゆとりを心に生み出してあげる必要があります。

 

また、ギャンブル癖も同じです。ギャンブルはハマってしまうと借金の温床になり兼ねませんので、そうならないようにカウンセリングできちんと自分に向き合い、そして社会復帰をできるようにするには、債務整理を事務的に行うだけでなく、しっかりとカウンセリングで心のケアも行う事が大事と個人的には思います。

 

以上、債務整理や借金相談とカウンセリングの関連、ホットラインについてのまとめでした。