過払い金請求 債務整理 相談

過払い金請求 債務整理

過払い金請求や債務整理を行う際には、自力で手続きを進めるか、その道に詳しい人に相談しながら手続きするかのいずれかになります。

 

自力で進める方法は、別の機会に詳細を述べますが、時間や手続きなどが煩雑で手間も多いですが、返還金に費用がかからない点が評価できます。

 

逆に、その道に詳しく、さらにあなたに変わって代理人になれるのは、弁護士や認定司法書士と呼ばれる、法律家たちです。

 

代理人になってもらう事で、手続きや交渉に時間を割くことはありませんし、何より貸金業者との駆け引きが上手なので、有利に進める事ができるでしょう。しかし、一方で費用がかかるというデメリットがある事は否めません。

 

しかし、相談しながら方向性を決めて手続きを進める事ができる点を考慮すると、個人的には代理人に任せておいた方が無難な気がします。特に和解交渉では進展しない場合に、裁判で決着をつける場合がありますが、そうなると代理人に任せるのが、費用対効果でも得策でしょう。

 

もし、代理人をお探しで、何を基準に選択すれば良いかわからない・・・と迷っている場合は、当サイトのトップページを参考にされると良いかと思います。


過払い金請求 債務整理 任意整理

続いて、債務整理の中で任意整理と呼ばれるものがあります。これは過払い金請求と何が違うのでしょうか??

 

一言で表しますと、「任意整理の手続きの中に過払い金請求がある」というイメージです。

 

任意整理とは、裁判所などの法的な機関を間に通さず、貸金業者と本人(もしくは代理人)との間で、債務整理の相談を行うのです。これで和解に至れば和解契約書を取り交わし完了となります。
※任意整理は、主に債務減縮や元金和解ができた場合など、残債務がある場合に使われる用語と言えます。

 

逆に過払い金請求は、承知のとおり、グレーゾーン金利を利息制限法に引き直ししていく事で、元金がなくなり、払い過ぎた利息を取り戻す手続きです。
※よって元金が0となりますし、過払い金請求には和解や訴訟など様々なパターンがあります。

 

上記、2つの違いがある事を、簡単に認識頂ければと思います。

過払い金請求 債務整理 デメリット

最後に過払い金請求とその他の債務整理において、デメリットにはどのようなものがあるのか??についてです。

 

過払い金返還請求以外の債務整理

他の債務整理には、任意整理、自己破産、民事再生が挙げられますが、これらすべて信用情報では、「事故情報(=異動情報)」として扱われます。

 

また、自己破産や民事再生については、官報情報に掲載がされます。

 

※官報情報とは
法律、政令、条約等の公布を知らせたり、国の報告や資料を公表する事が役目のいわゆる「国の広報紙」、「国民の公告紙」の事です。

 

官報への掲載期間は、最短で7年、最長で10年の範囲内掲載される事となりますし、官報情報は上記の通り、誰でも見る事が可能となっていますので、破産や民事再生をした事が世間に出る事になりますが、だからといって、家族や友人、勤務先にバレるとは限りません。

 

大体の人が、官報を見ることはないでしょうし、わざわざ調べる事もありませんので、その点は安心かと思いますが、一応デメリットとして挙げておきます。

 

過払い金請求を行うデメリット

逆に、過払い金請求を行う場合については、信用情報に事故情報が掲載される事はありません。途中、弁護士や司法書士が介入した事で、一時的な事故情報(弁護士介入、司法書士介入など)が報告される事はありますが、最終的には報告を訂正する事となります。

 

しかし、貸金業者が忘れている場合もあるので、その時は、情報の訂正依頼をしなければなりませんので、すべての手続が完了後、一度自分の信用情報の登録を確認される事をオススメします。

 

このように、過払い金請求においてはデメリットはなく、むしろ借金も帳消しとなり、払い過ぎた利息も戻ってくる事でメリットの多い手続きと言えます。

 

以上、過払い金請求と債務整理についてのまとめでした。

 

過払い金請求 債務整理 トップへ戻る