過払い金請求 時効

過払い金返還請求は時間との勝負です、時効について学びましょう。

 

よくCMなどでもみかけますが、過払い金請求をする際には、時効は10年です。とありますが、何に対して10年なのか、いつから時効が進行するのか、時効が援用されるとどうなるのか。

 

などについて、まとめてみましたので、参考にして下さいね。

 

まずは、時効についておさらいをしておきましょう。

時効とは、法律要件があるものである事実状態が一定の期間継続した場合に、権利を取得できたり、喪失したりして、権利状態を安定する役目を果たす制度です。

 

法律用語では、取得時効と消滅時効と呼ばれて表現されますが、この中で過払い金については、「消滅時効」と関連します。

 

ちなみに、時効の中断事由とよばれ、時効の進行が止まる事由には、請求、差し押さえ、仮処分、承認の法的中断事由があります。

 

過払い金については、「請求」する事で、時効の進行がストップするという事ですね。

過払い金請求 時効 完済

続いて、過払い金の返還請求の消滅時効についてですが、時効の進行が始まるのがいつからなのか?そして、進行時点から10年を迎えた後に、過払い金はどうなるのか??の二点を見ていきましょう。

 

まず、時効の進行ですが、取引の最終日からとなります。

キャッシングは、金銭消費貸借契約となり、取引は連続していると解されていますので、毎回の返済が終了する度に、時効が進行するのでがありません。

 

ただし、間に一度完済している場合や解約している場合は、話が別になります。

 

もしここで一度取引が切れていると判断されると、完済した日より以前の取引は、時効が進行している事になります。また、解約して契約番号が変更している場合も同じで、契約が分断しているので、時効は進行しているものと見られます。

 

この点は判例も出ていいるので、詳細は弁護士や司法書士といった専門家に尋ねる方が確実かと思われます。

 

次に完済日より10年経過した場合ですが、時効が完成します。

時効が進行し、最終取引日より10年以上経過した場合、消滅時効が完成しますので、過払い金の請求ができません。

 

手続きをしようにも、時効の援用をされ、認めてもらえませんので気をつけましょう。

 

いずれにしても、時効完成前に手続きを進めておくためにも、過去に消費者金融を利用している方は、早めに相談されるのがベストな選択でしょう。

 

過払い金請求 時効 トップへ戻る