過払い金計算方法 プロミス

過払い金計算方法 プロミス

過払い金の計算方法ですが、業者ごとに変わる事はありませんが、プロミスの場合は、取引履歴が他社とは違い不親切(笑)ですので、プロミスだけ特別に紹介しています。

 

何が不親切なのか?と言いますと、取引履歴に利率の記載がない事です!

 

利率の記載がないので、過払い金の計算を行う前にまずは契約利率を計算する一手間から始まる事になります。

 

さらに、プロミスの取引履歴は、契約に対して(みなし弁済)の履歴となっていますので、まずは利率を計算したあとに、利息制限法に引き直し計算を行い、過払い金の計算まで行うという事で、二重、三重の面倒があるという事です。

 

他の業者にも、みなし弁済のままの取引履歴となっているケースも多くありますが、プロミスも同様です。逆にきちんと利息制限法に引き直しした取引履歴を送付する親切な業者もありますので、その点で言えば、プロミスの履歴は不親切と言えそうですね(笑)


過払い金 計算方法 名古屋式

続いて、各社から取り寄せた取引履歴をもとに過払い金の計算を行っていくのですが、計算方法はどうすれば良いのか?を調べると名古屋式と検索されています。

 

これも業者や地域ごとに計算方法が異なるわけではないのですが、なぜ名古屋式?の答えについては、「フリーの計算ソフト」が関係しています。過払い金の計算は自分で計算するのは膨大な時間がかかるので、大体が計算ソフトを使って行う事になり、有料ソフト、無料ソフト、弁護士や司法書士が持つ独自ソフトなど様々です。

 

その中で、無料ソフトの1つとして「名古屋消費者信用問題研究会」という任意団体のソフトが有名なので、名古屋式と呼ばれているようです。

 

この「名古屋消費者信用問題研究会」ですが、愛知県内の弁護士中心に設立しており、債務者向けの著書として、「Q&A過払金 返還請求の手引」、「サラ金・消費者金融からお金を取り返す方法」などを出しています。

 

無料ソフトも有難いですが、このような著書も大変参考になるかと思いますので、機会があれば手に触れて下さいね。

過払い金 計算方法 無料

最後に、過払い金の計算方法ですが、無料ソフトが便利というのは「名古屋消費者信用問題研究会」の例でもわかるかと思います。

 

しかし、その他にも無料ソフトも多数配布されていますので、ダウンロードの際に気をつけたいポイントをまとめてみました。

 

  • ダウンロードの際、ウィルス感染などのリスクには気をつけましょう。
  • ファイルが壊れている、きちんと計算ができないソフトには気をつけましょう。
  • あくまで無料です、正確な計算、遅延損害金、利息などの費用計算ができない可能性があります。

 

上記の通り、完璧な計算、交渉を求める場合には、弁護士や司法書士に依頼するのがベストです。もし弁護士事務所が見つかっていない場合などは、当サイトのトップページ過払い金請求 法律(法務)事務所 ランキングを参考にして下さいね。

 

過払い金 計算方法 無料 トップへ戻る