過払い金請求 弁護士 東京

過払い金の請求にリスクはあるのでしょうか??

 

個人的には何もなく、メリットのみだと思っていたので、色々と調べてみると面白い事がわかりました。

 

 

まず、過払い金の請求時と返還後の2つで分けて考えます。

 

過払い金の返還請求時の信用情報について

債権者(消費者金融などの貸し手)は、過払い金請求を受けた際に、和解交渉や訴訟で争っている間は「異動情報(=ブラック情報)」として扱います。

 

よって、過払い金請求を争っている間は、もしかしますと住宅ローンなどのローンを組んだり、クレジットカードなどを作成するのが難しいかもしれません。

 

過払い金返還後の信用情報について

債権者(=消費者金融など)から、過払い金の返還が無事にすむと、消費者金融は異動情報の修正を行います。
(この点についても、過去に判例があり、裁判所の判断で修正して債務者に不利のないような情報へと修正を行うようにとなっています。)

 

これで、信用情報上では、債務は完済した旨の情報となりますので、ローンやカード作成への影響は少なくなっているはずです。
(その他の原因がある場合は、なんとも言えませんので、あえて少なくという表現としています。)

 

 

ただし、各債権者のデーターベースには、過去の取引内容は残りますので、もしかしますと再度の借り入れはできない可能性はあります。

 

そうはいえ、せっかく過払い金を取り戻して、借金がなくなったばかりですし、また借金するのはどうかと思いますので・・・

 

 

これはリスクとは言えないかも知れませんね。

 

 

 

続いて、過払い金にあたり「法律(法務)事務所の選定は重要」というお話です。

 

これは、各法律(法務)事務所によって方針、弁護士や司法書士によって、知識、経験値、交渉力で大きな違いがあります。

 

借金問題に慣れている法律家だと、交渉の引き出しも多く、過払い金請求にも妥協無く、できるだけあなたの力になってくれる事でしょう。

 

 

そこで、当サイトでは、知識、経験値、交渉力にも長ける法律家が在籍する法律(法務)事務所をランキングにて紹介しています。

 

参考にして、早期解決を図って頂ければと思います。